ぼんやり考察してみよう

日々考えたこと、映画感想、評価などを記しておくブログです。WPから移転しました。

シャドウ・スナイパー

◆シャドウ・スナイパー

評価:微妙

点数:80点

ネタバレあり

製作年:2014年 製作国:スペイン

★あらすじ

翌日に予定されている会議に出席するため、深夜に車で出発したホルヘとサンドラ。途中、1軒だけ営業しているガソリンスタンドに立ち寄った頃には時刻は深夜4時になろうとしていた。 ホルヘが給油を済ませ会計に向かうと、店内には人の気配は無く、いくら待っても戻る様子も無かった。仕方なく店を出ようとした瞬間、ホルヘの腕に一発の銃弾が撃ち込まれる。 咄嗟に店の中に避難するが、その後も隙あらば撃ち込まれる銃弾により、店から出られなくなってしまう。それはまるで何者かが、何処からか、ホルヘの命を狙っているようだった。 やがてホルヘの帰りが遅い事を心配したサンドラが、車を降りて店の中へと入ろうとした時、再び銃弾が撃ち込まれ……。

★一言感想

深夜のガソリンスタンドで謎のスナイパーに狙われる、ワンシチュエーションスリラー。 基本、ガソリンスタンドに併設の売店内で、スナイパーの銃弾から逃れるために試行錯誤する……という物語なので、絵的に地味なのは仕方ないですが、演出が少々間延びしてしまっており、所々退屈なのは惜しいところ。 ホルヘの眼前でサンドラが撃たれる場面とか、棚の上から女の子が落ちてくる場面とか、見所もあるのですが、何分、事が起こってから次の展開に移るまでが遅いため、緊張感が削がれてしまっております。

そして、ラストなのですが……え、これで終わり? 本当に? と言いたくなりました。 何の解決もしないまま突然エンドロールが流れるので、困惑すると同時に、打ち切り漫画の最終回を読んだ時のような消化不良感が漂います。 さりとて、続きが見たい! 決着をつけてくれ! と前のめりになるほど夢中にもなれなかったので「何かすっきりしないけど、これで終わりでも別にいいか……」という冷めた気分で視聴終了。 例によって例の如く、スナイパーの正体も目的も、最後までわかりませぬ。