ぼんやり考察してみよう

日々考えたこと、映画感想、評価などを記しておくブログです。WPから移転しました。

【Dead by Daylight】熟練のキラー実績解除におけるキラーの運用と各パークの評価 熟練の鬼編

◆はじめに

キラーの評価はサバイバー同様四段階ありまして

・エンティティは不機嫌(評価-1)
・残忍な殺人鬼(評価±0)
・冷酷な殺人鬼(評価+1)
・無慈悲な殺人鬼(評価+2)

となっております。

各キラーの固有パーク三つのみを装備して「無慈悲な殺人鬼」の評価を得るのが熟練の〇〇の実績解除条件です。キラーの地力を最大限発揮してこそ取得できる実績と言えますでしょう。 やや面倒な実績ではありますが、普通に遊んでいる分には滅多に使用しないパークも強制的に使う事になりますので、新しい発見があったりして面白かったりします。

本稿では、筆者が実績解除に挑戦した際のキラーの使い勝手、各パークの評価などを日記代わりに残しておきます。実績解除の参考になりましたら幸いです。


◆鬼編

f:id:unknownhuman:20191206213008p:plain:w400:h400


★各パークの評価

・残心の戦術
f:id:unknownhuman:20191206213356p:plain:w150:h150
全てのパレットと乗り越え可能な地形のオーラが24m以内で見えるようになる。生存者を負傷させると、このパークは40・35・30秒間無効となる。

パレットと窓を可視化するパークです。キラー版「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」なのですが、追う立場であるキラーからパレットや窓が見えたところで、サバイバーほどのアドバンテージはないです。追いつける時は見えていなくとも間に合い、追いつけない時は見えていても間に合いません。微妙ではありますが、入り組んだ地形にサバイバーが逃げ込んだ時に、ここにパレットあったっけ? と判断に迷う事がなくなったり、死角にあるパレットでスタンを取られにくくなったり、などの効果は見込めます。



・血の共鳴
f:id:unknownhuman:20191206213359p:plain:w150:h150
1人の生存者をフックに吊るすと、その他の負傷した生存者は治療されるまで出血効果に苦しみ、疲労効果が45秒間続く。このパークの再使用には80・70・60秒必要。

血の玉を集めて能力を発動する鬼の為にデザインされたようなパークです。負傷者に対して発動する出血、疲労効果は採用率の高い鋼の意思、デッドハードへのピンポイントメタと言ったところでしょうか。勿論、全力疾走、しなやか、スマートな着地、などのパークにも刺さります。他のパークではナースの「死恐怖症」レイスの「血の追跡者」などとシナジーがあります。鬼以外が単品で採用する価値があるかどうかは……



天誅
f:id:unknownhuman:20191206213409p:plain:w150:h150
パレットやロッカーなどを使って目くらましや怯ませてくる生存者はあなたのオブセッションとなる。新たな生存者がオブセッションになるときは毎回忘却状態となり、その効果が40・50・60秒継続する。また彼らのオーラが4秒間視えるようになる。

キラーをスタンさせたサバイバーにオブセッションを移して、更にオーラを可視化、忘却状態を付与するパークです。オーラの可視化は一見強いような気がしますが、パレットスタン直後は視点固定で動けず、ライトスタン直後は画面真っ白なので、オーラを追っている暇は殆どありません。また、天誅単品ではオブセッションを移したところで、だから何、状態ですので、オブセッションを利用する他のパークと組み合わせて運用するのが正しい使い方と言えるでしょう。ネタ構成になりますが、攻撃したオブセッションに心音を移す、プレイグの「闇の信仰心」と合わせても面白いです。スタン時間を減らすヒルビリーの「不屈」ともシナジーがあります。余談になりますが、決死の一撃といい、天誅といい、昨今のオブセッションは一回の儀式中にころころ変わりますので、あまりキラーが執着している感じはないですね。


★攻略のコツ

例によって例の如く、鬼の能力、固有パークには発電機修理を遅延できる要素はなく、頼みの綱の固有パークも「血の共鳴」以外は鬼の能力と相性がよいとは言えず、固有パーク縛りではかなり弱い部類に入るので、そこそこ苦戦を強いられます。

実績解除にあたっては、とにかく初動と索敵が大切になります。それが出来たら苦労はしない、と言われそうですが、一刻も早くサバイバーを発見、攻撃を当てられるよう、索敵に全力を注ぎましょう。鬼はドスン! ガシャン! とデモゴルゴン並みに音を立てながら移動するため、他のキラーよりもサバイバーが気配を察して隠密しやすいので注意が必要です。下手をしたら、誰も見つからないまま一台、二台と発電機を点けられて詰む事も。筆者は鬼のホームであるはずのマップ、山岡邸「怒りの聖所」にて、隠密特化のクローデット二名と対戦、惨敗しました。発電機巡回の際は、発電機より遠方を見据えて、カラスが飛び立たないかどうかも観察しながら近付く事をお勧めします。

鬼の進撃はヒルビリーカニバルのチェンソーと違い障害物でスタンこそしないものの、操作に癖があり視界が左右にぐらつくため、チェイスの最中だからと言って闇雲に発動すると、場所によってはあっけなくサバイバーを見失う羽目になります。サバイバーが離れたチェイスポイントに移動するタイミングで一気に距離を詰めて、そのまま鬼の一撃で圧力をかける立ち回りが理想です。

少し勿体ないですが、サバイバーを捕捉できていないのならば、鬼の進撃を発電機巡回に使ってしまってもいいでしょう。実績解除の都合上、金棒での一撃ダウンを取りすぎると評価が渋くなりますので、接敵後のチェイスは鬼の怒りに頼らず、通常攻撃でダウンを取るくらいでも丁度いいかもしれません。

キラーが鬼だとわかると隠密気味になるサバイバーは多く、チャレンジ中はバーベキュー&チリが欲しい、と思う事請け合いです。索敵に時間をかけただけで敗北に直結しますので、早めの救助を誘発してサバイバーを炙り出したりしながら、早期決着を狙いましょう。

【Dead by Daylight】熟練のキラー実績解除におけるキラーの運用と各パークの評価 熟練のクラウン編

◆はじめに

キラーの評価はサバイバー同様四段階ありまして

・エンティティは不機嫌(評価-1)
・残忍な殺人鬼(評価±0)
・冷酷な殺人鬼(評価+1)
・無慈悲な殺人鬼(評価+2)

となっております。

各キラーの固有パーク三つのみを装備して「無慈悲な殺人鬼」の評価を得るのが熟練の〇〇の実績解除条件です。キラーの地力を最大限発揮してこそ取得できる実績と言えますでしょう。 やや面倒な実績ではありますが、普通に遊んでいる分には滅多に使用しないパークも強制的に使う事になりますので、新しい発見があったりして面白かったりします。

本稿では、筆者が実績解除に挑戦した際のキラーの使い勝手、各パークの評価などを日記代わりに残しておきます。実績解除の参考になりましたら幸いです。


◆クラウン編

f:id:unknownhuman:20191202142500j:plain:w400:h400


★各パークの評価

・まやかし
f:id:unknownhuman:20191202142625p:plain:w150:h150
窓を越える速度が5・10・15%増加する。生存者に対しその窓を8・12・16秒間封鎖する。封鎖される窓は1つのみで、別の窓を越えるとその窓が新たに封鎖する。

乗り越えた窓枠を一時的に封鎖するパークです。固有建築、朽ちた小屋などの窓枠を封鎖する事でチェイス時間を短縮できるため汎用性があり、他のキラーが採用しているのもよく見かけます。ただ、熟練実績解除においては、何よりもスピードが重要。サバイバーがチェイスポジションに逃げ込む前に寸劇のトニックを当ててダウンを取るのが理想となりますので、まやかしが活躍するような局面だと感じたらそれ以上深追いしないのも戦略です。



・ピエロ恐怖症
f:id:unknownhuman:20191202142741p:plain:w150:h150
心音範囲内の生存者の治療速度が30・40・50%低下する。

身も蓋もない事を言ってしまえば、そもそもキラーの心音範囲内で治療を行う事が滅多にありません。他のサバイバーが近くでチェイス中であれ、キラーが巡回、索敵中であれ、心音範囲内では行動を中断して距離を取るのが定石です。たまーにチェイスの最中、板を倒した後にセルフケアをしているサバイバーがいたりしますが、そんなサバイバーでもピエロ恐怖症の存在を知ったらとりあえずキラーを撒く事に集中するでしょう。何かの間違いで発動すればラッキー、くらいのパークです。どうしても使いたいという奇特な方は、心音範囲が広がる「苦悶の根源」と組み合わせればもしかしたら活躍するかもしれません。



・イタチが飛び出した
f:id:unknownhuman:20191202142833p:plain:w150:h150
生存者をフックに吊るすと効果発動。発電機を破壊行動した際、即座に修理進行率を25%後退させる。毎回吊るした後から1台目の発電機の破壊行動のみ有効。このパーク効果は40・50・60秒の時間制限がある。

熟練実績解除を狙う上で要となるパークです。実績解除の為には吊りと救助を何度も繰り返す必要がありますので、当然このパークを発動できる回数も多くなります。 ハイペースで仲間が吊られて行く中、発電機の修理進行度25%後退が何度も飛んでくるのはサバイバーにとっては脅威でしょう。優秀な遅延パークゆえに、実戦での採用率も高いです。


★攻略のコツ

一部ではキラー最弱とも囁かれるクラウンですが、熟練実績解除は、レイス、カニバル、トラッパーなどに比べればそこまで難しくはありません。

発電機修理を遅らせる固有能力、パークを持たないキラーは、吊り回数を稼いでいる内に発電機修理が完了してそのまま逃げられてしまう事が多々ありますが、クラウンは吊り回数を稼ぎながら「イタチが飛び出した」の効果で発電機修理を妨害できますので、定番遅延パーク「呪術:破滅」がなくとも、あっという間に通電してしまうなんて事はないでしょう。また、彼の固有能力である寸劇のトニックもチェイス時間の短縮が見込めるため、スピード勝負の熟練実績とは相性良好です。

但し、索敵だけはどうにもなりませんので、隠密気味に動かれると厳しいものがあります。索敵に時間をかけ過ぎたり、一度発見したサバイバーを見失ったりしないよう注意しましょう。

【Dead by Daylight】熟練のキラー実績解除におけるキラーの運用と各パークの評価 熟練のレイス編

◆はじめに

キラーの評価はサバイバー同様四段階ありまして

・エンティティは不機嫌(評価-1)
・残忍な殺人鬼(評価±0)
・冷酷な殺人鬼(評価+1)
・無慈悲な殺人鬼(評価+2)

となっております。

各キラーの固有パーク三つのみを装備して「無慈悲な殺人鬼」の評価を得るのが熟練の〇〇の実績解除条件です。キラーの地力を最大限発揮してこそ取得できる実績と言えますでしょう。 やや面倒な実績ではありますが、普通に遊んでいる分には滅多に使用しないパークも強制的に使う事になりますので、新しい発見があったりして面白かったりします。

本稿では、筆者が実績解除に挑戦した際のキラーの使い勝手、各パークの評価などを日記代わりに残しておきます。実績解除の参考になりましたら幸いです。


◆レイス編

f:id:unknownhuman:20191129172458j:plain:w300:h400


★各パークの評価

・捕食者
f:id:unknownhuman:20191129172531p:plain:w150:h150
生存者の足跡が散らばる間隔が少し・普通・かなり狭くなる。

サバイバーが走った際に残す痕跡を発見しやすくなる、追跡補助系のパークです。ですが、草むらの上では痕跡が消えたり、コールドウィンドファームのトウモロコシ畑では痕跡を真っ直ぐ追うのが難しかったりで、痕跡ばかりを頼りに追うと見失う事もしばしば。なので経験を重ねたキラーは、追跡にあたって痕跡をそこまで重視しない傾向にあります。サバイバーを視認しつつ、視界から消えた時には行動を予測して先回りするのがベストですので、実戦においても実績解除においても、あまり役には立ちません。



・血の追跡者
f:id:unknownhuman:20191129172545p:plain:w150:h150
生存者の血痕を発見しやすくなり、血痕が残る時間が2・3・4秒増える。

血痕が強調表示されて、見やすくなるパークです。負傷者の急場しのぎの隠密を速やかに狩れます。鉄の意思を装備しており負傷時の呻き声が聞こえない相手にも有効です。実戦ではまず使われているのを見ないパークですが、実績解除においては時々仕事をしてくれます。



・闇より出でしもの
f:id:unknownhuman:20191129172553p:plain:w150:h150
視野が通常より8・12・15%広がる。他のパークによる視野拡大効果とは重複しない。

キラーの一人称視点の視野を拡大してくれるパークです。あって損はありませんが、視野を拡大しても、プレイヤー自身が一瞬だけ画面に映った隠密中のサバイバーを見落とす……なんて事はよくありますので、個人的にはあまり効果を実感できません。逆に、視界の隅に一瞬姿が見えただけのサバイバーを即刻捕捉できるような眼力の持ち主であれば、このパークを使わずとも強いと思われます。ですので、実戦ではあえて採用する程のパークとは言えないでしょう。



★攻略のコツ

挑戦してみればわかるのですが、とにかく発電機が点くのが早い! めちゃめちゃ早くて辟易するほどです。カニバル同様、レイスの能力も、固有パークも、発電を遅延する手段がないのが原因でしょうが、筆者の体感では、カニバルより厳しいです。

何故だろうと少々考えて思い当たったのが、レイスの固有能力である透明化です。レイスは透明化時に高速移動できますので、基本、巡回速度を上げる為に透明化して移動する事になるのですが、この、透明化しての移動が曲者なのです。特定のアドオンを使わない限り、透明化時、レイスの脅威範囲は消失します。サバイバーは心音が聞こえたら当然警戒して、一旦発電の手を止めてキラーがどこにいるのか確認したり、物陰やロッカーを使って隠密したりするわけですが、透明化レイスは脅威範囲を持たないため、レイスが近くで鐘を鳴らすギリギリまでサバイバーが発電機を修理するという現象が起こります。サバイバーがレイスの接近に気付かない事が仇になり、ただでも早い発電機修理が更に加速するのです。ブモー!(嘆きの声)

今思えば、カニバルは常時脅威範囲全開、かつ一撃チェンソーの圧力もありますので、サバイバーも多少慎重になっていたのでしょうね。

そんな事情もあり、レイスはカニバル以上にスピード勝負です。フックに吊ったらすぐ離れて、サーチ&デストロイを徹底するだけでは間に合いませんので、時には救助狩りも織り交ぜつつ、誰も吊られていない時間をなるべく作らないようにしましょう。

手っ取り早く実績解除を狙うためには、アドオン「音無しの鳴子」or「骨の鳴子」に「全能視・血」を組み合わせた上で、オファリングでいずれかの屋内マップを指定するのがお勧めです。音無しの鳴子、骨の鳴子でレイスの現在位置を隠しながら、全能視・血で壁越しに見えたサバイバーに奇襲をかける構成ですね。

ストレンジャーシングスのマップ、ホーキンス国立研究所などは比較的発電機が見付けにくいのでサバイバーの初動が遅れがちになり、かつ、延々板の周りをぐるぐるできるような目立った強いポジションもありません。次点でギデオン食肉工場、レリー記念研究所などでもいいでしょう。入り組んだ屋内マップは「全能視・血」が活きる場面が多く、おまけに痕跡、血痕が隠れにくいので、レイスの固有パークも最大限ポテンシャルを発揮できます。

【Dead by Daylight】熟練のキラー実績解除におけるキラーの運用と各パークの評価 熟練のカニバル編

◆はじめに

キラーの評価はサバイバー同様四段階ありまして

・エンティティは不機嫌(評価-1)
・残忍な殺人鬼(評価±0)
・冷酷な殺人鬼(評価+1)
・無慈悲な殺人鬼(評価+2)

となっております。

各キラーの固有パーク三つのみを装備して「無慈悲な殺人鬼」の評価を得るのが熟練の〇〇の実績解除条件です。キラーの地力を最大限発揮してこそ取得できる実績と言えますでしょう。 やや面倒な実績ではありますが、普通に遊んでいる分には滅多に使用しないパークも強制的に使う事になりますので、新しい発見があったりして面白かったりします。

本稿では、筆者が実績解除に挑戦した際のキラーの使い勝手、各パークの評価などを日記代わりに残しておきます。実績解除の参考になりましたら幸いです。


カニバル編

f:id:unknownhuman:20191127185439j:plain:w350:h350


★各パークの評価

・ノックアウト
f:id:unknownhuman:20191127185720p:plain:w150:h150
生存者を這いずり状態にすると効果発動。這いずり状態の生存者は32・24・16m以上離れた他生存者に可視表示されない。

ダウン放置を主軸とした戦略などで治療を妨害するために他のキラーに使われる事も多いパークですが、こと熟練のカニバルの実績解除においては、まったく役に立ちません。と言いますのも「無慈悲な殺人鬼」評価取得には何より、サバイバーを処刑用フックに吊るす回数が重要となります。吊って、救助している間にまた吊って……の繰り返しに持ち込むのが理想ですので、ダウン放置なんてしている暇はないのです。



・バーベキュー&チリ
f:id:unknownhuman:20191127185724p:plain:w150:h150
生存者をフックに吊るすと効果発動。吊るしたフックから40m以上離れている生存者を4秒間可視表示する。また各生存者を初めて吊るすと専用ポイントを1個取得する。(最大2・3・4個) 1個につき最終獲得BPが25%増加する。 (最大:50・75・100%)

みんな大好きバーベキュー&チリ。BPを稼ぐだけでなく、索敵までしてくれる優れものです。実績解除においても、索敵能力に欠けるカニバルを強力にサポートしてくれます。挑戦するも失敗してしまい、評価が無慈悲に届かなくても、BPが沢山入りますので多少気が紛れます。



・フランクリンの悲劇
f:id:unknownhuman:20191127185731p:plain:w150:h150
通常攻撃を受けた生存者は所持したアイテムを落とす。落ちたアイテムの使用残量が0・5・10%減少する。この効果でチャージ残量がゼロになったアイテムは消滅する。

ああ、工具箱に救急箱に懐中電灯、よく見たらおまけに鍵まで……こっちは実績解除狙いの縛りプレイなのに……キラーで「熟練の〇〇」実績を狙っていると何度もそういった場面に遭遇しますが、当然、サバイバーは手心を加えてなどくれません。その点、カニバルなら嫌味なく(?)持ち込まれたアイテムを片っ端から叩き落とす事ができます。実際、大事なアイテムだったりすると拾いに戻ってくれたりして遠回しな遅延になったり、ライト救助に命を賭ける凄腕ライト使いのライトを封じたりもできますので、地味によい仕事をしてくれるパークと言えましょう。



★攻略のコツ

とにかく索敵をして、攻撃をして、一刻も早く吊るす、それしかありません。サーチ&デストロイです。やたら雑な攻略になりますが、現実それが全てです。カニバル本人の能力も、固有パークも、発電の遅延というものが一切望めませんので、バベチリ頼りのスピード勝負になります。正直な事を言えば、対戦するサバイバー全員が、それなりにチェイスで時間を稼げて、それなりに発電機の修理に集中すれば、熟練実績狙いのカニバルは成す術もなく敗北します。それもエンティティは不機嫌レベルの惨敗です。そういう時は潔く諦めて、次の儀式に望みを託しましょう。

カニバルの強みは本来、ヒルビリーより扱いやすいチェンソーでの一撃ダウンです。カニバルの上手いサバイバーに対する回答は隙を見てチェンソーで一網打尽、ですが、救助狩りを狙ったりして纏めて一撃必殺してしまうと攻撃、吊り数、追跡などの評価が稼げず、実績解除が遠のきます。理不尽な気がしますが、現時点ではそういう評定なので仕方がありません。ですので、なるべくハンマーをメインに追い詰めつつ、チェンソーはここぞという時のチェイス短縮に用いるといいでしょう。

カニバル本人がそこまで強いキラーではない上、熟練実績解除を狙うにあたっては複数人HITのチェンソーで圧倒する選択肢すらも縛られるという、なかなかにいばらの道。勿論キャンプも論外です。最初の索敵が勝負の分かれ目ですので、初動が遅れないように注意して、バベチリ発動から一気に圧をかけていきましょう。

【Dead by Daylight】熟練のキラー実績解除におけるキラーの運用と各パークの評価 熟練のデモゴルゴン編

◆はじめに

キラーの評価はサバイバー同様四段階ありまして

・エンティティは不機嫌(評価-1)
・残忍な殺人鬼(評価±0)
・冷酷な殺人鬼(評価+1)
・無慈悲な殺人鬼(評価+2)

となっております。

各キラーの固有パーク三つのみを装備して「無慈悲な殺人鬼」の評価を得るのが熟練の〇〇の実績解除条件です。キラーの地力を最大限発揮してこそ取得できる実績と言えますでしょう。 やや面倒な実績ではありますが、普通に遊んでいる分には滅多に使用しないパークも強制的に使う事になりますので、新しい発見があったりして面白かったりします。

本稿では、筆者が実績解除に挑戦した際のキラーの使い勝手、各パークの評価などを日記代わりに残しておきます。実績解除の参考になりましたら幸いです。


デモゴルゴン

f:id:unknownhuman:20191127141805p:plain


★各パークの評価

・サージ
f:id:unknownhuman:20191127142209p:plain:w150:h150
通常攻撃で生存者を瀕死状態にすると、32m以内の範囲にある全ての発電機が即座に爆発し、修理度が後退する。これにより修理度は8%後退する。サージは60・50・40秒ごとに一度だけ発動可能。

熟練実績解除においては、一番働いてくれるのではないでしょうか。デモゴルゴンを使っていると、ついシュレッドでダウンを取りたくなりますが、通常攻撃でダウンを取る事を意識するだけで、発電機を蹴飛ばす手間が省け、一定の遅延効果は見込めます。



・マインドブレーカー
f:id:unknownhuman:20191127142204p:plain:w150:h150
修理進行度が50%以下の発電機を修理中、生存者が一時的に疲労の影響を受ける。すでに疲労のタイマーが存在している場合、生存者が発電機を修理している間は疲労のタイマーが停止する。修理アクションを終えた後1・2・3秒間のみ一時的に疲労の影響を受ける。

空気パークです。デモゴルゴンが近付いてくるギリギリまで発電機を修理して、全力疾走、デッドハード、しなやかなどの加速系パークで速やかに離脱する、といった芸当ができなくなりますが、まず発電機に触れた瞬間に、疲労を介してマインドブレーカーの存在が伝わるため、気配を察知したらなるべく早めに離れようとなるだけです。そもそもサバイバーからしても、修理進行度が50%以下の発電機を、キラーが傍に来る寸前まで修理する旨味がありません。修理完了直前なら多少無理をしてでも発電機にかじりつく場面もありますでしょうが、そういう肝心な時には発動しないのです……残念。
心なしかアイコンに描かれた人物も「このパークどうやって活かせばいいんだよ……」と苦悩しているようにも見えます(気のせい)

発電機から死角となる位置にポータルを置いて修理中に奇襲を仕掛けるのであればワンチャン役立つ事もあるような気もしないでもないですが、デモゴルゴンの場合、大抵は足音やらワープ音やらで接近に気付かれてしまうため、望みは薄いでしょう。ハグの「変形した耳」のように、一時的に聴覚を封じるアドオンでもあれば、或いは。



・無慈悲の極致
f:id:unknownhuman:20191127142147p:plain:w150:h150
発電機の修理が完了するたび、修理が完了した発電機から24m以内の範囲にある全ての窓と乗り越え可能な地形が25・30・35秒間封鎖される。生存者は封鎖された地点を乗り越えることができない。封鎖中、殺人鬼には無慈悲の極地で封鎖された場所のオーラが見える。

マインドブレーカーほどではありませんが、やはり空気パークです。ディスターブドウォード、レッチドショップなどのサバイバーが逃げ回りやすい固有建築の窓を一時封鎖できるのは優秀なようにも思えますが、発電機の修理直後に修理したサバイバーを探して狙わなければならない時点で後手に回っており劣勢と言えますので、最高評価が求められる実績解除においては役に立つ事はまずないでしょう。それに、完了済の発電機に向かうくらいなら周辺を索敵したり、他の発電機を巡回した方が効率がよいです。



★攻略のコツ

発電機の近くかつ、発電機から死角になる位置にポータルを設置するのが基本です。
序盤は開始位置付近の発電機にポータルを置いて、索敵がてら遠方の発電機に向かい、そこにもポータルを。序盤はフックへの吊りと救助が短時間で繰り返される、所謂「吊りループ」の状態に持ち込めれば理想的です。中盤以降はポータル移動と深淵のいざないによる探知を駆使して要所の発電機防衛に注力しつつ、強引に発電機を回しに来たサバイバーをターゲットに、サージ発動を狙っていくとよいでしょう。

なんだかんだで機動力のあるキラーではありますので、デモゴルゴン自身の能力で十分戦えます。実績解除者が少ないのは、版権DLCのキラーゆえに、使用率自体が低いものと思われます。